雑兵の書き溜め

スマブラDXとWiiUをプレイして思ったことをつらつらと

【スマブラDX】FoxPuff2017

雑兵です.

今回は前から言ったスマブラDXのフォックスプリンの攻撃と防御でやってることの書き流し.

 

  • 有効なアプローチ

1.プリンが上方向に攻撃判定を出すのが遅いことから上から攻撃判定を被せる.

2.低打点でガードさせてもその後の暴れ潰しの必要Fが多いため, 絶空から何かするor発生保障大ジャンプでライン回復.

3.引き一点読みで深く走り込んで刺す.

4.こちら側への慣性が強めの空中攻撃をしてきたプリンを着地狩りまたは判定戦によって迎撃.

 

地上と空中で場面こそ変わるが, 差し合いは大まかにこの4つに絞られる. 横の判定戦では空後, 密着間合いの読み合いではぶっぱ投げによる突然の死が強すぎるのでこれらは全力で拒否する. 

 

プリンの対空の発生の遅さとフォックスの機動力の噛み合いにより, 地上フォックス空中プリン, 空中フォックス地上プリンの状況はフォックスの攻撃範囲とプリンが引ききれる範囲が重なっていればフォックスが有利.この状況を作り続けることを意識する.

そのため, 立ち回りは

a.前に出てくるプリンを中央で上から判定外対空.

b.飛んだプリンに対して着地狩りの投げ/上スマ/上強/下強で迎撃.

c.ラインを下げたらこちらも追いかけて読み合いを押し付ける.

以上の3つの要素を主軸にして行う.

掴み拒否ができれば崖際の相手に対して空後による崖近くの読み合いの押し付けも可能なのがフォックスの強み.

 

立ち回りにおいて有効な攻撃範囲とプリンが重なっていない, プリン側が見てから迎撃可能な状態でレーザー撃ちと台乗り目的以外で飛ぶ必要はなし. 無駄に飛ばなければ甘いNairを見てから引き絶空→着地隙を上投げされてカキーンされなくなる.

断言はできませんがある程度対プリンを重ねて以降, 僕はそんなにされた覚えがないです.

 

 

  • 防御面

対プリンがわかってるかわかってないか(僕こんなこと言っちゃっていいんすか)が如実に現れてくる部分.

 

1.上投げケア

着地した時にダッシュ仕込み多め, 不安であれば回避も仕込む.

最も簡単なケア. プリン側の暴れ投げとガーキャン上スマ(その場ダウン→弱叩き起こし)に対して無変更/オート下ずらし仕込みのリフレクターによる不確定なリターンの期待値が釣り合ってない.

 

2.はたくのベクトル変更

コンボでは主に地面のないところでの〆, 後ろ側最大変更に対して使われる.

プリン側への最大横変更で何も繋がらないほか, 20%くらいの上投げ始動であれば体勢立て直しとベクトル変更を同時に仕込みつつ, 受け身を少しだけ早めに仕込むことでミスの有無に関わらずコンボ脱出が可能.

 

3.空後運び拒否

どうしようもないので, 繋がるパーセント帯(40〜80%くらい?)は下へのベクトル変更からプリンの挙動確認を頑張って空中ジャンプの使用の有無と上B/横Bの一瞬の復帰の読み合いを通す. 上変更は死ぬまで運ばれるのでほぼ意味がないです.

 

4.上B復帰

上を目指したファイアの復帰では落下時にV-cancell(攻撃が当たる瞬間にLかR深押し)と吹っ飛び方向に対して反対の45度のベクトル変更を仕込むと空後の吹っ飛ばし対策ができて良い.

とはいえ空後で運ばれるパーセント帯でやりすぎると運ばれて死ぬのでパーセント確認が大事.

空前カス当てで拾われたらそのままコンボで死ぬので拾った相手が上手い.

 

5.プリンの引き空後ヒット時

ベクトル変更を下寄りにして行うことで床受け身を仕込んでおいたり, 地上ダウン+ノックバックの吹っ飛びに修正する. 確認をミスしてこちらの差しを見てから迎撃されるって判断した時のケアになる.

台有りステージであれば, 倒れ吹っ飛びを台でエッジキャン→そのまま崖に掴まって崖絶空で戻るっていう一連の流れを作るためにも使う. この場合は入力が遅れると空中回避に化けるため受け身を仕込まない方が良い. 

 

6.プリンが地上に降りる瞬間の回避(暴れ)

プリンの空中攻撃の発生は3,4F組にくらべると全体的に遅いため意外と回避による脱出も狙える.  転がった後はほぼ五分状況のため, 転がりながら画面を見てこちらもすぐ動く.

暴れる瞬間に空中攻撃が当たったとしても最低空当てになりやすいため, 上変更でもしなければプリン側は単発リターンで終わる. ライン状況によるけど丸い選択肢.

リフ暴れは発生の早さこそ優秀なものの, ベクトル変更の融通性がないことからプリンのすかし着地投げ先端とのリターン差が全く釣り合っていないため, 暴れるにしても上スマや投げ, 空中攻撃の方が良い.

 

 

まだ煮詰められるところはありそうですが今のところこんな感じです. 受け身ミス狙いの連携対策はやり込み甲斐がありそう.

 

それでは.